システム開発

■デジタリーフのシステム開発の強み
弊社の事業の中で中核をなす事業であり、ウェブ・データベース・システム、通称ウェブ・システムを中心とした開発を行っています。弊社では、東京都江戸川区にて創業して以来、オープン系開発言語の代表的存在である PHP による開発に注力し、様々なプロジェクトを通じて、この技術分野における開発力、クオリティを高めるための様々な取り組みを行って参りました。東京のシステム開発会社は多数ありますが、東京でのシステム開発における弊社の優位性は以下の点にあります。
  • ●ワンストップ対応
  • 一般的に開発工程の中でも製造工程のみを行う東京のシステム開発会社とは異なり、上流工程やシステム構築後の運支援を含めたシステムに関するすべての業務フェーズにワンストップで対応する。具体的には、ビジネス企画、マーケティング戦略といった業務からのお手伝いを行い、実際のシステム開発作業、システム運用後の保守メンテナンスまで、さらには、システム運用後に定期的にアクセス分析に基づいた改善提案や各種プロポーザルを行い、システム運用におけるお客様のPDCA(Plan Do Check Action)サイクルを円滑化ならしめるフェーズまでにも対応いたします。
  • ●企画提案力
  • ビジネス企画、システム企画などのフェーズにおいては、様々な業界のウェブサイト、ウェブシステムの構築事例に関する成功事例、失敗事例を踏まえ、的確かつ、独自性のあるアイデア提供、技術提案をさせていただく。これまでこれらの弊社の提案が、大手企業の全社的システムのアプリケーションとして採用された事例などがあります。
  • ●大手企業から小規模企業までの開発適応力
  • 東京の小規模ベンチャー企業向けシステムから、ナショナルクライアントレベルの大規模業務システムに渡るまで、規模、業界を問わず、BtoB分野、BtoBtoC分野における多数のウェブシステムの開発を手掛けることにより、クライアント企業の様々な開発環境要求(特定のフレームワークの採用、開発ポリシー、セキュリティポリシー)に対して、柔軟な対応、最適な提案ができます。東京のお客様が多くなってはおりますが、もちろん東京都外のお客様にも柔軟な対応を心がけております。
■システム開発業務の概要
デジタリーフでは、ウェブ・システムを中心に、以下の各種のシステム開発業務に対応しております。お客様の業務ミッションの実現に向けて、的確なテクノロジーを組み合わせ、蓄積したノウハウを最大限発揮することで顧客企業のプロジェクト成功に向けて邁進いたします。
  • ●Webシステム開発
  • 業務システム及び、ウェブサイト、ホームページの管理側システムなど各種のウェブシステム開発を行っております。この分野での弊社の強みは、PHPを中心とした、オープン系開発における確かな技術力にあります。また、PHP 開発のうち、LAMP / LAPP 環境と言われる Linux環境下での開発はもちろん、PHP と Windows、PHPと AS/400 など、マルチプラットフォーム環境下にも対応しております。
    東京のシステム開発会社は、一般にクライアント企業の事務所にエンジニアを常駐させて業務に従事させることが多いのですが、弊社では、ウェブ系の開発業務において、対応する技術分野を特化し、人材派遣型の業態ではなく、請負型・持ち帰り開発にこだわり続けることにより、PHPによるシステム開発ノウハウを集中的に蓄えている体制を築いており、常に自社にノウハウを蓄積し続けることにより、技術応用力の高い、トラブル対応力の高い人材を育成する体制を築いております。
  • ●システムインテグレーション
  • 顧客企業の業務システムを構成する、様々なプラットフォーム、様々な技術分野に対応いたします。インフラ環境構築、ネットワーク環境構築、遠隔制御システム、通信制御システム、センサー、組み込み系システム等、各種のシステム構築にも弊社は力を発揮いたします。これらの技術分野においては、データ、もしくは、データベース周りの連携を中心として、様々な技術分野を統合する技術ノウハウを弊社では有しております。昨今では、様々な機器デバイスがインターネット網-TCP/IPネットワークへの接続に対応したり、各種のシステム間連携技術、システム間の API 環境などが整備されつつあることもあり、多種多様なシステム開発を統合したソリューションをお客様に提供いたします。
  • ●ホームページ制作
  • ウェブシステム開発と連携した、オンラインショッピング機能のあるホームページから、東京の中小企業向けの企業紹介ホームページ制作まで、多種多様なホームページ、ウェブサイト制作を行っております。BtoBのIT活用について一貫して取り組んできた弊社では、オーソドックスなホームページ制作からBtoBの世界でのインターネットプロモーション、ネット広告など、貴社のホームページを活性化させるための様々なしくみを提供いたします。
  • ●アプリケーション開発
  • スマートフォン、タブレットPC向けアプリ開発に関する多数の開発実績があり、BtoBにおける各種の業務用アプリ開発を中心として開発に取り組んでおります。Androidアプリ、iOSアプリのどちらにも対応し、既存業務システムやWebシステムとも連携するアプリ開発にも対応いたします。
■豊富な開発実績
創業以来、18年に渡り小規模から大規模まで、多種多様な業務分野の業務システム開発に取り組んでまいりました。独立系の開発会社として、特定のパッケージやソリューションに拘泥せず、お客様に最適な技術を提案できる開発会社として、フルスクラッチ開発、既存システム改修、オープンソースの活用など、様々な開発スタイルに対応してまいります。
  • ●フルスクラッチ開発
  • お客様からの業務要件をヒアリングしながら、新規のシステムをお客様と一緒に企画、協議し、新規システム開発を行うことがフルスクラッチ開発であり、デジタリーフが得意とする開発スタイルになります。通常、技術者派遣では、開発工程のうち上流工程、中流工程、下流工程の一部を担当するが、弊社は、これらを一気通貫して、受託開発、業務請負開発により新規システム開発の全体を担い、最終的なシステム品質に対して責任を負います。フルスクラッチ開発は、システム企画、要件定義の段階において、言われたことだけを行うシステム開発会社では良いシステムが開発できません。弊社は、積極的な技術提案、機能提案を行いながら開発を行うシステム開発会社でこれからもあり続けます。
  • ●既存システム改修
  • 一般に業務システムは、一度初期開発を行った後も、刻々と変動するビジネス環境における具体的なニーズに応じて機能追加、機能改善を行い、業務システムを発展させていくことが好ましいケースが多々あります。システム開発会社の中には、他社が組んだシステムの改修、カスタマイズに対して及び腰となる開発会社が多いですが、弊社は、スクラッチ開発、新規システム開発だけではなく、既存の業務システムの改良がお客様にとっての最適なソリューションであれば、積極的に既存システムの改修にも対応いたします。既存の業務システムの老朽化に対する改善、新規業務要件に対応するための機能追加・機能改善、既存システムのスクラッチアンドビルドによるシステム・リニューアルなど、弊社は既存業務システムの改修案件にも積極的に取り組んでおります。
  • ●オープンソース開発
  • CMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)、EC(イーコマース)など、汎用的に企業のビジネスに活用される業務システムの中には、オンプレミス型オープンソース、クラウド型のオープンソースなど、様々なオープンソースが提供されています。オープンソースの有効活用は、システム開発の初期開発費を抑え、開発期間を短縮化するのに有効な方法の1つであり、お客様のご要望、予算感、機能要件に合わせて、弊社ではオープンソースを活用した開発にも対応いたします。一方で、オープンソースの活用は、オープンソースの持つ機能的制約条件から、システム開発に対する自由度が失われたり、カスタマイズするための開発コスト、開発工数がフルスクラッチ開発より大きく発生してしまうケースも多々見受けられます。弊社では、フルスクラッチ開発にもオープンソース開発にも対応しており、お客様のご要望、予算感、機能要件の内容に応じて、最適なソリューションを提案させていただいております。
  • ●他システム間連携
  • 高度化、複雑化が進む社内情報化、業務システム開発の現場では、単一の業務システムでは業務要件にスムーズに対応できない場面が増えてきており、複数の業務システム間のデータ連携を図ることにより、業務の効率化を一層進めることが必要とされるケースが増加しているのではないでしょうか。クラウド技術の進歩、業務システムの高度化に伴い、API(Application Programming Interface)などの技術、開発環境も進化、多様化しており、これらの技術に柔軟に対応できるシステム開発会社が求められています。他システム間連携は、データ形式や通信手順など、高いシステム設計ノウハウが求められる現場であり、オープンソースやクラウド型システム、お客様独自の業務システムなど、弊社では、様々なデータ・インターフェースに対応する開発実績と設計ノウハウによって柔軟な対応が可能であることを強みとしています。
■オフショア開発・ニアショア開発
システム開発会社が行うオフショア開発とは、日本のクライアント企業に対するシステム開発業務をASEANを中心とした海外企業、海外現地法人にアウトソーシングすること指し、これに対してニアショア開発とは、システム開発業務を日本国内の地方の開発会社にアウトソーシングすることを言います。長期化、深刻化する日本国内、東京などの都心部のエンジニア、プログラマー人材不足の市況化にあって、オフショア開発、ニアショア開発ニーズが急速に高まりつつあるのが現状です。一方、オフショア開発、ニアショア開発は、開発業務を行うエンジニア、プログラマーが遠隔地にいることからコミュニケーション・ギャップやシステム品質に関するトラブルが耐えない世界であり、これらの開発スタイルの特性に応じたプロジェクト管理ノウハウと開発実績が必須の世界となります。デジタリーフは、ベトナム、バングラデシュを中心としたオフショア開発に早くから取り組み、高い品質管理ノウハウと豊富なオフショア開発実績を有するシステム開発会社であると言えます。
  • ●オフショア開発のメリット
  • 枯渇する日本国内のエンジニア、プログラマーの人的リソースに対して、若く、豊富な開発人材を有すること、開発リソースの安定的な供給が何よりもオフショア開発のメリットであり、デジタリーフでは、ベトナム、バングラデシュに複数社の開発パートナー企業とのネットワークを有しております。弊社のオフショア開発は、敢えて自社資本で現地法人を設立せず、開発プロジェクトに対する要求スキル、必要人員、納期等に合わせて、最適な開発パートナーをプロジェクト単位で調達するスタイルであり、これによってスピーディーなソリューションの提供とプロジェクトの技術要件に合わせた柔軟な技術者選定を可能としています。弊社では、2000年代よりオフショア開発に取り組んでおり、様々な開発プロジェクトの成功事例、失敗事例を通じて学んだオフショア開発会社の管理ノウハウに強みがあり、質の高いオフショア開発サービスの提供が武器と言えます。
  • ●デジタリーフのオフショア開発管理のノウハウ
  • オフショア開発は、豊富な人的リソース、安価な開発コストなどの魅力を有する反面、その開発現場は、コミュニケーション・エラー、仕様伝達ミス、翻訳ミスなど、様々な納期・品質にまつわるトラブルがつきものです。デジタリーフのオフショア管理ノウハウの中核は、正社員に積極的に外国人を採用している点であり、お客様との業務ヒアリング、要件定義など、外国人プロパー社員が日本人社員と一緒にお客様との前面に立ち、同時に同一の外国人プロパーが直接オフショア開発会社に対するブリッジSEを務めることにより、コミュニケーション・ギャップの最小化に取り組んでいる点でもあります。日本のお客様の特性、システム品質に対する要求の細やかさ、納期遵守に対する厳しさなど、お客様の声をダイレクトに聞き、同時にオフショア開発会社の弱点を熟知した高スキルなブリッジSEを中核として、弊社では、オフショア開発のメリットを十分に活かしつつ、高品質な業務システムをお客様の元に提供することができるのです。
  • ●オフショア開発の業務形態
  • オフショア開発会社の中には、ラボ型開発(一定期間で発注する仕事量の保証を行い、契約期間中は、固定的に人的リソースを確保しておくこと)のみを中心に行っている会社も多く、エンジニア・リソース確保に柔軟な対応を取れないケースがあるが、弊社のオフショア開発は、ラボ型開発にも対応するものの、あくまでもプロジェクト単位でのチーム編成を取ることにより、お客様の納期やプロジェクトの規模感に合わせた柔軟な対応を可能としています。弊社は、日本人エンジニア、外国人エンジニアが、完全に平等、かつフラットな環境で開発を行う開発会社であり、これによって大規模な開発プロジェクトにおいて開発要員をオフショア開発会社に完全にアウトソーシングするケースにも、弊社プロパー開発担当とオフショア開発担当者が業務を分担しあって開発に取り組むケースにも対応が可能であり、オフショア開発=開発は海外に丸投げ、ではなく、プロジェクトの規模感や要求スキルレベル、納期などの様々な要求事項に柔軟な対応が行えるようになってきております。同時に弊社では、日本語、及び現地語を併用してのシステム仕様説明、デバッグ対応を行うとともに、システム設計書、テスト仕様書等の開発中間成果物に対して、常にオフショア開発会社が直接作業を行う現地語のドキュメントのレビューも随時実施しており、オフショア開発会社の開発作業をガラス張りにする開発管理手法によって質の高いオフショア開発サービスの提供を行っております。